広告

クレンジング不要

検索フォーム

過去ログ

全記事リスト

ランキング

虹の橋は ほんとにある?

今日は ちょっとマジメなお話を・・・・・別にいつもふざけている ということではないけどね。(笑)

次の文章を読んでみていただけますか?

ちょっと長いけど、どこかで聞いたことのある話ですよ^^

「/死後も生前のままの形体を維持するか杏かはその動物に対する飼主の愛一つにかかっているのです。もしも動物とその飼主----この飼主(Owner)という言葉は好きではありません。他の生命をわがものとして所有する(own)などということは許されないのですから----その両者が時を同じくして霊界へ来た場合、その飼主のところで暮らします。愛のある場所が住処(スミカ)となるわけです。/動物界に住むのは飼主より先に霊の世界へ来た動物にかぎられます。誰かに世話をしてもらわなくてはならないからです。さもないと/一時的にせよ〃不滅性〃の要素を吹き込んでくれた〃愛〃から切り離されて、動物といえども心を取り乱すことがあるのです。/その主人が来るまで動物界へ行ってそこで面倒をみてもらいます。それはちょうどあなた方が遠出をする時にペットを専門家に預けるのと同じで、霊界の動物の専門家に世話をしてもらうわけです」

「地上で可愛がられている動物、親しまれている動物、大切にされている動物、人間とほとんど同等に扱われて知性や思考力を刺戟された動物のすべてがおります。そうした動物は飼主の手から離れたことでさびしがったり迷ったりするといけないので、動物界に連れてこられて、他の動物といっしょに暮らしながら、動物の専門家の特別の看護を受けます」


「そして時には地上にいる飼主の家の雰囲気内まで連れてこられ、しばしその懐かしい雰囲気を味わいます。心霊知識のない人でも自分の飼っていた犬を見たとか猫が出たとか言ってさわぐのはそんな時のことです。何となくあの辺にいたような気がするといった程度にすぎないのですが、地上の動物の目にはちゃんと見えています。霊視能力が発達しているからです」

「その世話をしている人はどんな人たちだと思いますか。動物が大好きなのに飼うチャンスがなかった人たちです。それはちょうど子供が出来なくて母性本能が満たされなかった女性が、両親に先立って霊界へ来た子供の世話をするのといっしょです。犬とか猫、その他、人間が可愛がっている動物が飼主に先立ってこちらへ来ると、動物が大好きでありながら存分に動物との触れ合いがもてなかった人間によって世話をされるのです。もちろん獣医のような動物の専門家がちゃんと控えております。それもやはり地上で勉強したことがそのまま霊界で役に立っているわけです。知識は何一つ無駄にはされません」


心霊学研究所
『シルバー・バーチの霊訓(5)』を読む
動物は死後どうなるのか



これは 去年ちらりんの命日の時に記事に載せたものと同じものです。

読んでみてどうですか?

「虹の橋」とまるで同じ内容でしょ。

「虹の橋」は 原作者不詳の詩です。

もしかしたら これを元にして作られたものかもしれませんね。

( 「虹の橋」 をご存じない方は 右サイドバーのリンクをごらんくださいね。)


これを信じるか信じないか それは自由です。

でもこんなこと絶対にあるものか  って否定するだけの知識も能力もヒトにはないと思います。

ヒトの知らない事は 世の中にたくさんあります。

宇宙に 「果て」 はあるか否か・・・・・・。

もし 物理的に 「果て」 があるとしたら・・・・・・・

じゃあ その先はなに?

もうここまできたら ヒトの概念にはない世界です。

その 「概念にはない世界」  というものは それこそ計り知れないほどたくさんあると思います。


ちらりんと ぴろりんにまつわる不思議な出来事がいっぱいありました。

偶然だ とか カンチガイだとかでは説明できないほどです。


ただ 

間違いなく こういう世界がある ということは断言はできません。

私は何も知らないから・・・・・・。

でも

絶対に ない ということも断言できないはずです。


私は 生まれ変わりも もしかしたらあるかもしれない と考えています。

でもないかもしれない・・・・・・。


わからないですよね、証明されてないのだから。


でも それらしき現象が目の前で起こったら・・・・・・

それは信じてもよいのではないかと思うんです。

もちろん 立証はできないけど。


今日の講義は牧草栽培理論をば。


我思ふ。この世に確かなものは何も無し。不確かなものこそ 真理也。

う~ん、どっかで聞いたような聞かないような・・・・・・。





もほっ

                  





おめめ星みっつ

むーちゃん こうさぎちゃんのようだね^^






なんざますか あーた

さらちゃんのクセ?・・・・・・少し右に傾いています。

これはちっちゃい頃からだね。

piro.gif
3つのランキングに参加中です。
応援クリック お願いしていいですか?
うさばなー
にほんブログ村 うさぎブログへ
クリック♪

ランキング参加中!
クリックしてね♪


ありがとうございました^^
  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村 うさぎブログへ
うちゃぎ日記 | comments:(6) | trackbacks:(0) | TOP▲

COMMENT

ウサのすけちゃんの飼い主さんへ
飼い主さんは 子供の頃からうさぎさんが好きだったんだー^^
私は ぴろに会うまで まったく興味がなくって それまではハムスター街道まっしぐらでした。(笑)
ぴろもちらも 全く衝動買い状態(あ、ぴろはタダモノでしたが)でした。最初のふたりが あまりにも可愛くて、そして 私たちはほんとに精神的に助けられたから・・・・・・。

ちらは虹の橋にいってからも 多分うちに現れていると思います。
私は 1回しか見れなかったんだけど・・。
でもぴろは こういうことにあんまり頓着しないタイプなのではないかと・・(笑)

縁ある相手が たとえ人間でなくとも 繰り返し繰り返しグループソウルとして一緒に暮らしていければ嬉しいですね。 
ゆーしゃん | 2008-09-17 17:46 [編集]
このお話を見るといつも思うんです。
私はきっと、「うさぎさんが好きなのに飼うチャンスがなくて、その動物界でうさぎさんの世話をしていた人なんじゃないか?」と。
で、そこでお世話をしたのがウサのすけなんじゃないか?と。(*^^*)
あんまりね、前世とかでもうさぎさんを飼っていたような気が自分でもしなくって~。(^^;;
でも、子供の頃からすっごくうさぎさんが好きなのもだから、きっとそうなんだろうと勝手に思っています。(≡^∇^≡)
生きているときも、もちろん一緒にいたい。
でも、死んでからも、一緒にいたい。
その間、少しばかり時間が空いちゃうけど、それでも絶対に再び会えるとしたら、少しは寂しい気持ちが晴れるような気がします。
でも、聞くところによると、先に行っちゃった動物のほうは、いつでも飼い主に会いにこれるんですよね・・・。
それって、ちょっとずるいよね~。(^▽^;)
こっちの人間(動物)だって、いつでも会いに行けたらいいのにさ。
ウサのすけの飼い主 | 2008-09-17 12:03
うさぎだんちさんへ
あ~ら、いつもって・・漢字は初めてですわよ。
意味が逆になってたから こりゃマズイ っと。(笑)
喘息の記事の時は・・・・・あれ?なんの間違いだったっけ?
何かが違ってたのは覚えているけど・・・・(笑)

生まれ変り、ほんとにあって欲しいね。
ゆーしゃん | 2008-09-16 23:40 [編集]
akemiさんへ
命とか 心とか 精神とかって 目に見えなくて それ自体が不思議なものだもんね。
時間だって なんとなく過ぎていくけど、目に見えるものじゃないし。
世の中は不思議だらけですよ。
だから あの世があっても可笑しくないし、幽霊がいたって可笑しくないと思うのね。
それにそう考えた方が 夢も希望も持てるものね。
ゆーしゃん | 2008-09-16 23:33 [編集]
いつも漢字の間違いのご指摘ありがとうです。笑
たしか喘息の記事の時も・・・。笑

生まれ変わり絶対あって欲しいな。
うさぎだんち | 2008-09-16 21:57
私はこういう世界があるように思います。
あって欲しいです。
また 逢いたいもの。

ちょっと関係ないかもしれないのですが
私、お葬式に行くと
いつも思うんです。
「あーーここにいる人って
あと 50~80年後(年配の方が多い時)には
ほぼ全員この世にいなくて
総入れ替えになってしまうんだなぁ。」って
いずれ自分も 命が消えてしまうと思うと
とっても怖いけど
そう考えると とても穏やかな気分に
なったりするんですよね。
だって みーんな一緒だもの。
akemi | 2008-09-16 10:59 [編集]

TRACKBACK


TRACKBACK URL

広告

さらな

さらにゃん

2007年6月9日生まれ。
おんなのこ。

オトナの貫禄たっぷりのお姫様。
わらハウスの上からじっとヒトを観察するのが趣味。
でもたまに足を滑らせて慌てまくり…。
ブラックな毛艶がピカピカなレディです。

あーぷる

あーたろ

2013年7月27日生まれ。
おとこのこ。

ボーっとしてるけど…
動きはドガ☆シャガ\ズベー!/
トロいんだか速いんだかわからない子♪
今日もドタバタ突進中☆

ぴろりん

ぴろのすけ

1997年12月5日生まれ。
2007年4月25日虹の橋にお引越し。
おとこのこ。

何でもアリのうちゃぎ・ぴろりんです。
赤ちゃん時代から下半身マヒに始まり、両手不全マヒ、時々ひきつけ、膀胱砂状結石、精巣悪性腫瘍、歯根膿瘍…
でものんびり元気~。

ちらりん

ちらぼっくる

1998年5月ごろ生まれ。
2006年1月12日虹の橋にお引越し。
おんなのこ。

気が小さくて、スネると後ろアンヨぷりんぷりんして隅っこに行っちゃうちらりんです。でもやさしくて、ぴろりんのお世話もしてくれる奥ちゃまうさぎ。
今でも時々、来ているようです…?

むーにょん

むーちき

2007年6月8日生まれ。
2012年3月25日虹の橋にお引越し。
おとこのこ。

まぁるいおチビちゃんです。
こうと思ったら一直線・・・。
もうまわりは見えてません。
短いアンヨでいつもふんばってます。

ふにちゅん

ふにふに

2012年6月1日生まれ。
2013年5月29日虹の橋にお引越し。
おとこのこ。

アイシャドウがいけめんなドワーフ・ホトのまっちろい子。
やんちゃをやんちゃで固めたやんちゃ坊主です。
元気ハツラツぅ~♪

ゆーしゃん

このブログの主。
うちゃぎに魅せられ十数年なり。
亀ちゃんも大好き(もちろん人間のね♪)

Ayaねぃ

ゆーしゃんの娘。「おねい」とも。
よくうちゃぎ達に殴られる。
Blogデザイン担当。

身内リンク

賛同リンク

ファー製品買いません!
ウサギの数え方
虹の橋