広告

クレンジング不要

検索フォーム

過去ログ

全記事リスト

ランキング

両足ひきずって9年 ぴろりん命日・うさぎさんは守り神

4月25日はぴろりんの命日。

あれから4年・・

いまだに ぴろりん・ちらりんの使っていた食器で

フルコースのお供え・・

ぴろちらとごはん。



こういう食器は すぐ片付けた方がいいっていう考え方があるけど、

私は それができない。

だって 

もしかしたら ぴろりんもちらりんも 時々は食べにきてるかもしれないもの。

そう思うんです。

ま、人それぞれの考え方があるんだから、これはこれでいいのではないかと・・。

ほんとのことなんて 誰も実証できないのだから。




ぴろりんは ショップで初めて会った時からすでに足が悪かった。


生後1ヵ月半、


左足が おなかの下に入って 右側に伸びていた。

ショップの店長さんによると、


「ある日 急にこうなっていた、 

病院へ行ったけど 骨折はしていないらしい」、 と。




可愛かった^^


ほんとに可愛い顔をしていて・・


初めてのうさぎに 私とおねいちゃんが迷っているうちに

他のお客さんが ぴろりんを眺め始めた。


私たちはあわてて   


「この子、ください!」(笑)



ぴろりんは ご飯と粟の穂付きで我が家の住人(兎)になった。


この写真は うちへきてしばらくたった時、

ぴろりん 生後3ヶ月頃です。
ちびぴろ



ある獣医師は 「この子は 1年も生きられないでしょう。」と。


何せ、麻痺の原因がわからない。


今から13年前のこと。

でも

多分 今のうさぎ獣医学をもってしても はっきりしたことはわからなかったんじゃないかな。


あるとき エンセファリトゾーン症という脳神経系の病気を知って 獣医師に相談したが (その時 すでに5才)

「エンセだったら 今まで生きていない。」 と

はっきり否定された。

その後、依頼さえすればエンセの検査ができるようになったが(それまでは一般的にはできなかった)

それには採血して 血清を採取しなければならない。


ぴろりんは血管が細すぎるということもあったし、検査に必要な血清を採るには

それなりの血液の量が必要。

このカラダではちょっと無理がある   ということで検査はしないことに。





ぴろりんがうちへやってきて 半年後に 女の子ちらりんとも運命の出会い^^




以後 ずっとちらりんがぴろりんを支えてくれました。



精神的にも 物理的にも。(いつも寄りかからせてもらってたもんね、ぴろちゃん^^)

ぐりんぐりんぐりん

ぴとっ♪






そんなこんなで 両足麻痺でも 若い頃はヒトの足の上を飛び越えたり、


お手々だけで 走っていたぴろりん。

おっ




でも 5才を過ぎたころから ひきつけを発症。

この発作は突然起こります。


カラダが ギューッ!と縮まって丸くなったり

グイーン!と伸びたりの繰り返し・・

きゅ~ っていう声らしきものも・・

意識はあるのかないのか わからない。



でもね、この状態なかなか獣医師に信じてもらえなくって。


ある日 偶然 診察台の上で発作が起こって 

先生 びっくり!

こんなにひどいとは思っていなかったらしい。

それ以来、診察時に何か処置するのが怖くなったみたいですよ、先生が。

何がきっかけで 発作が起こるかわからない ってことでね。



そのほかにも 砂状結石があるといわれ 時々膀胱を絞って砂をだしてもらったり。

自傷行為もありました。

足の先を噛んで、噛んで・・・・・・骨が出て・・・・

病院へ行くと その骨をペンチのようなもので パキン!と。




しつこかった歯根膿瘍。

むーん。

でも この写真、とても可愛い・・と思ってしまうのです。


そして 悪性精巣腫瘍。

両足がひらかなかったから、タマタマが下に降りなくて

それがおなかの中で腫瘍化。

結局それが 肺に転移してしまったみたいです。




でも


9才4ヶ月まで 生きてくれました。

本来なら信じられないことです。

この話をすると 必ず ゆーしゃんさんたちの介護のおかげ とか

大変だったでしょう とか言われます。


でも それは違う!


ぴろりんが強かったから、そして【しなやか】だったから、それはできたこと。


介護なんてした覚えはないのです。


台所用の水切りカゴにお湯を入れてオチリを洗ったり、

発作のたびにヒヤヒヤはしたけども。

正直、これが介護だなんて思ったことはない。



牧草以外は なんでも食べてくれたぴろりん。

苦い薬も 他のものに混ぜれば 平気でクチにしてくれたね。


チッコもウンピも ちゃんと自分で出せたぴろりん。


ほんとに凄いよ、ぴろりんちゃん。


でも


ちらりんがいてくれたからこそ、元気がでていたんだろうなって思います。

・・ちらりんが先に虹の橋を渡っちゃって・・ それからすぐ寝たきりになっちゃったもんね。

両足どころか 両手も麻痺して・・

よーぐるとぉ…。

ヨーグルトが お鼻についちゃいました (^_^;)



その状態で 1年3ヶ月・・私たちの為に生きててくれた。




ちらりんがそばにいなくなったこと どう思っているんだろう?

普段の表情からは わからなかった。


でも 写真をずっと撮り続けていて気が付いた・・

とても寂しそうな 悲しそうなお目々。

むふ。

おふとん。


普段は気が付かなくても 写真をとおすとわかる表情ってあるんですね。



でも 時々はきてくれていたと思うんですよね、ちらりんちゃん。

ちょっと不思議なことが起こったりして・・笑


じんべぇぇ…。

これは うさ友さんが作ってくださった甚平を着た・・

というより羽織ったぴろりんちゃん。

カラダが硬くなってしまっているので 実際に着させるのは無理でした。




うさぎは (他の動物もそうだけど)【飼う】ものではありません。

ヒトが 動物を幸福にしてあげよう、かわいがってあげよう、というのは

間違いではないと思います。

でもそれは ほんとは逆だと思うんです。


ヒトが 動物に与える幸福の 何十倍もの幸福を 

ヒトは 動物からもらっているんです。



うちにとって うさぎは救いの神様みたいな存在。

そう考えさせられるような 不思議な出来事もいっぱい!!



私たちはいつも いつも うさぎさんに助けられているのです。







今回は 出番の少ないむーにょん・さらな (^_^)

にょーん

コロコロ まぁるいむーにょんです♪

いつもせわしないイメージになっちゃってるけど、

ほんとは だま~~~~~~っていることの方が多い

って 知ってました?


ぽてぽてっ

オツムの上に わら を乗せた さら・・・・・・なぁんちゃって。笑 




ご訪問ありがとうございます。
今日はちょっと長かったけど
ぴろりんの生涯を知ってもらいたくて・・

コメントと応援クリック、いつも感謝しています。




お時間あったら
「ゆーしゃんストリート」も読んでいってね^^


ちらりん       ぴろりん


応援してね♪
コメントもネっ♪

うさばなー
にほんブログ村 うさぎブログへ
クリック♪
ランキング参加中!
クリックしてね♪
  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村 うさぎブログへ
うちゃぎ日記 | comments:(37) | trackbacks:(0) | TOP▲

COMMENT

まゆらさんへ
ヒトだけではなく うさぎさんにも きっと赤い糸ってあるのでしょうね。
そして そのうさぎさんと ヒトとの間にも きっと赤い糸があるのだと思います。
それが 多分全ての幸せの素になっているんじゃないかな^^
ゆーしゃん | 2011-05-03 23:15 [編集]
しらさぎさんへ
こんばんは^^
みんなを幸せにしてくれた ぴろりん、そしてちらりん。
むーにょん・さらなも現役で活躍してくれています。
しらさぎさんちのワンコちゃんも きっと幸せ^^
そして しらさぎさんもワンコちゃんから幸せをもらっているのですね。
読んでくださってありがとう!
ゆーしゃん | 2011-05-03 23:11 [編集]
ぴのままさんへ
こんにちは^^
こちらこそ 読んでいただいてありがとう。
みんなのことを知ってくれてありがとうございます。
嬉しいです。
またきてくださいね♪
ゆーしゃん | 2011-05-03 23:06 [編集]
がめらママさんへ
ほんとに うちの子ながらすごいと思うよ、ぴろりん^^
わたしだって ぴろりんを目標にしたい。
でも なかなかできない。
ほんとに 凄い子 ぴろりん!だよ^^
ゆーしゃん | 2011-05-03 23:04 [編集]
サスたんの飼い主さんへ
うん、ほんとに理想の生き方だよ、ぴろりんって。
私だってあぁなりたいよ。
でも いろんな煩悩が邪魔して・・笑

そうだよねー、むこうとこっち、分けて考えるから
いろいろ悲しかったり おかしなことになるんだよね。
ちょっと分子の構造が違うだけで ほんとは一緒。
そうだね、きっと^^
ゆーしゃん | 2011-05-03 23:00 [編集]
ウサギのちゃぴこのパパさんへ
ちゃぴこちゃんは むーにょん・さらなより少し年下なんだよね。
大丈夫、ぴろりんは仙人のように不思議なうさぎさんだったから 多分なんでもできると思います。
だからきっとみんなを助けてくれるよ^^
ゆーしゃん | 2011-05-03 22:53 [編集]
ちゃいさんへ
こういう内容って コメントし辛いよね。
でも 聞いてもらえれば嬉しいんだよね。
こういうふたりが こういううさぎさんたちが いるんですよ って。
本人たちが 今生でどう感じたかわからないけど、
でも確実に私たちを幸せに導いてくれました。
これだけは間違いない事実です^^
ゆーしゃん | 2011-05-03 22:49 [編集]
まる◎まるまるさんへ
主治医に 何でもあり のうさぎさんだね って言われたことがあります。
わかりやすく言えば 「病気の問屋さん」
でも それを乗り越えながら生きていたぴろりん。
それを支えていたちらりん。

全部 私たちの為だったような気がしてならないんです。
そう考えられる理由がちゃんと あるんです。
不思議でしょ。
だから むーにょん・さらなのカップルもきっとそう。
最初はほんとに二人の生まれ変わりだと信じていたもの。
でも 最近は あれ・・ちょっと違うかな?なんて。
いずれにしても 私たちには今のふたりが必要。
なくてはならない存在。
かなり お笑い系に走っていますが。笑
ゆーしゃん | 2011-05-03 22:43 [編集]
うさキックさんへ
ちらりんの時代は ブログやってなかったもんね。
今から思えば ほんともっと早くからブログやって
もっと情報も集めてたら いろんな失敗しなかったかも。
ブログ始めてからぴろりんがお引越しするまで 1年なかったしさ。
うさキックさんって 最初からのお友達で いまだによくコメいれてくれる唯一の人。
みんな忙しくなったり いろんな理由があったり・・
寂しいね。
うりちゃんは 強いよ^^
ぴろりんとは違う意味で すっごく強いと思う。
だから 安心していいと思うよ。

ほんとにぴろちらのふたりが走り回ってくれてたら・・
その姿が見たいな・・


ゆーしゃん | 2011-05-03 22:31 [編集]
maffメイトさんへ
ぴろりんって 前にも書いたけど、
葦のような強さなんですよね。
フワッとして全身柔らかくて とってもおとなしいのに 不思議な子でした。

早くからデジカメ買って もっとふたりの可愛い写真を撮りたかったな。
ゆーしゃん | 2011-05-03 22:18 [編集]
megさんへ
はじめまして^^
今まで 見てきた経験によると、
うさぎって 年取るごとに可愛いお顔になってくるんです。
ぴろりんもちらりんも どんどん幼子のようになりました。
むしろ子供の頃の方がおとなっぽい。笑
megさんの猫ちゃんはどうだったかな?

ヒトって 自分たちが全ての頂点だと考えているけど、(ある意味 そうですが)魂の格に関しては 違うと思っています。
動物の方が断然上!
そう思いませんか^^
ゆーしゃん | 2011-05-03 22:10 [編集]
まーずさんへ
あれっ?いつのまにばばさんをとっちゃったの。笑
運命とか 縁とか この世はヒトの感覚でいくと
考えられないようなことがいっぱいいっぱい起こっています。
そういうことに敏感になりたいですね。
ゆーしゃん | 2011-05-03 20:05 [編集]
かじぺたさんへ
こちらこそ 読んでくださってありがとう^^
そして いっぱい感じてくれてありがとう!
ぴろりんはただものではありませんでした。笑
ぴろりんから繋がるものがたくさんたくさんあります。
ぴろりんと出逢ったことが 私たちの運命を変えた、
そう思っています。
ぴろとちら、むーとさら、そして私たち・・
みんなが繋がっているんですよ^^
ゆーしゃん | 2011-05-03 19:59 [編集]
こむぎママさんへ
ほんとに うさぎって不思議なものを持ってると思いますよ。
魂の格ではヒトより上じゃないか とさえ思います。
教えることより 教わることの方が
ずっとずっと 多いですよね^^
ゆーしゃん | 2011-05-03 19:53 [編集]
敏さんへ
動物は この世でのことを引きずらないってききました。
でも 一緒に暮らした私たちには特別なものを抱いてくれてると思います。
ちらりんが虹の橋へ移住して5年余、ぴろりんが4年、
その間 いろいろ不思議を経験して得た考え方です。

カナちゃんは 兎菜ちゃんときっと時々お話してると思いますよ、敏さんのことを。笑
ゆーしゃん | 2011-05-03 19:48 [編集]
ゆめはなさんへ
そういっていただけると とても嬉しいです。
ぴろとちらは特別なうさぎさん。
それを受け継いでいるのが むーにょん・さらな・・
だと信じています。
ゆーしゃん | 2011-05-03 19:39 [編集]
うーさんへ
はじめまして^^
読んでいただいてありがとうございます。
普段は 現役むーにょん・さらなのお笑い話ですが、
ぴろりん・ちらりんの命日には こうして必ず振り返ることにしています。
ほかにも たまにですが、
「ぴろりんちらりんほのぼの劇場」なるものもアップしておりますのでこれからも見に来てくださいね^^
ゆーしゃん | 2011-05-03 19:36 [編集]
うさずきんさんへ
そうですね。
人それぞれの考えや感じ方があるものね。
私は執着が強いほうだし、不思議なこともいろいろあったので いまだにこんな調子です。笑

最初の方って あんまり写真がないんですよ。
フイルム式だったし。
でも うさぎって 年取るほど可愛く丸くなってくるような気がします。
体型がね。
性格は一般的には頑固になるっていうけど。笑

もし ぴろやちらが会いに来てくれてるなら その姿、絶対みたい!
うさずきんさんもそう思うでしょ?
ゆーしゃん | 2011-05-03 19:31 [編集]
ぴろりんちゃんとちらりんちゃん。
二人は本当に仲がよかったんですね。
寄りかかっている写真なんて、まるて親子や兄弟みたいで・・・
涙が出てきてしまいました。
そして9歳という長い歳月を過ごしてくれて、本当に本当に幸せですね。
まゆら | 2011-05-03 12:15 [編集]
いつまでも、心の中に行き続けるぴろりんちゃん
(*′σ∀`)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゚☆]
すばらしいお話、ありがとうございました。
ぴろりんちゃんは、今でも幸せですね。
家も、ワンコがいますが、どんなことがあっても、守りますね。
また、一段と家族っていいなって思わさせていただきました。o(*'▽'*)/☆゜'・:*☆ありがと☆
しらさぎ | 2011-05-01 21:48
こんにちは。
お話聞かせてくれてありがとう。
ぴろちゃん、ちらちゃん、むーにょんちゃん、さらちゃんを見せてくれてありがとう。
ほんとにほんとにありがとうございます!
ぴのまま | 2011-04-30 18:09
いろ~んな意味でぴろちゃん、ちらちゃん、むーちゃん、さらちゃんが私の目標。
こうしてずーっとみんなを幸せにできて、元気にできるぴろちゃん、すごいね。
がめらママ | 2011-04-28 21:59
ぴろちゃん、いいね!(´∀`)
本当にオールドワイズマンだよ~!すっごい憧れる。
柳のようにしなやか・・・
自分もこんな風に生きていけたらいいなと思う。

今もちらちゃんと二人で会いに来てくれてますよね。
あっちとこっちで明確に分けなくていい。
引きずってたら云々・・・て言う人もいるかもしれないけど
引きずっているというのではなくて
今でもゆーしゃんさんたちと一緒に暮らしているよ。
今日もきっとそばにいてくれている。
ウサのすけの飼い主 | 2011-04-28 21:55
なむなむ。
ぴろりんちゃん。
すっごい!
ぴろりんちゃんのご利益を少しだけちゃぴこに分けて下さいね^^
ちゃぴこ 3才3ヶ月です。
ウサギのちゃぴこのパパ | 2011-04-27 20:15 [編集]
じっくり読ませていただきました。
短いコメントで、気持ちをあらわすのは難しいのですが、
9年4カ月、幸せに「生き抜いた」んだ・・・と思います。
「ぴとっ♪」の写真、2枚の写真を切り貼りしたの?
ってほど、ぴとーっ^^
ぽち。
ちゃい | 2011-04-27 15:00
ちょっと病気があったのもそれは個性というだけで、ぴろちゃんはしっかり生きてたんですね。
人間が互いに寄り添うってことができない人もいるのにこうして、二人が寄り添っていたっていうのはとてもステキだなぁと思います。
9歳4ヶ月。立派なご長寿さんです。
ぴろちゃん・ちらちゃんのあとを継いだ、さらちゃん・むーにょんカップルにも同じ分長くいてほしいなぁ。
そしてこれからもたくさん笑わせてもらいたいです
まる◎まるまる | 2011-04-26 20:02 [編集]
ぴろちゃんが虹の橋へ渡って、
もう4年も経つのですね。
つい最近だったような気がします。

私がぴろちゃんを知った時はちらちゃんはもう虹の橋に渡った後だったけど、
それでもその時の写真は悲しそうというより、
何か力強さを感じましたよ。
だからぴろちゃんのファンになったし、
うりがぴろちゃんのように強いうちゃぎになって欲しい!って願ったの。
ぴろちゃんは強くて、
うん、しなやかなうちゃぎさん。
素敵なうちゃぎさん。

今頃ゆーしゃんさんとおねいちゃんの傍を走り回っているんじゃないのかな?
何だかそう思っちゃいます。
うさキック | 2011-04-25 23:15
こんばんわ♪
ぴろりんちゃん♪強かったんだなぁ・・・
2004年10月17日の写真♪好きです^^
本当に私もウサギさんから
すごくいっぱいの幸せをもらってます♪
maffメイト | 2011-04-25 21:39
はじめまして。
かわいいですね。ぴろりんちん。ふわふわで、目元から優しい性格がよくわかります。
とてもたくさんの愛情を注いでもらって、きっと幸せだったと思います。
私も猫との別れには自問自答しますが、でもそう信じています。


おっしゃる通り!
ヒトは動物たちにたくさんのモノをもらってます。
それって、ヒトとしてしっかり心にとめておくべきですよね。
meg | 2011-04-25 21:32
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011-04-25 20:33
泣けた・・・
ただただ泣けました
家族になったこと自体もう運命ですよね
いてくれるだけでありがとう・・・いつも思ってます
まーず | 2011-04-25 16:32
愛しくて愛しくて宝石の様なぴろちゃんのお話、
どうもありがとうございました・・・
とても沢山の病気を抱えていたのに
精いっぱい長生きしてくれた、ぴろちゃん・・・
本当にありがとう!!!

今は奥しゃまウサギのちらちゃんと
花がいっぱいの虹の橋で仲良く
飛び跳ねて遊んでますね・・・きっと。

ゆーしゃんさん、どうもありがとう!!!
かじぺた | 2011-04-25 13:55
なつかしい
懐かしい二人の写真!
本当に仲良しさんの二人でしたよね。
私もうさぎにいっぱい教えてもらいました。
うさぎって何かすごい力を持ってると思います。
こむぎママ | 2011-04-25 13:11 [編集]
なんか感動です
ぴろりんちゃん、ほんとに頑張って生きて、
沢山の愛と幸せを置いていってくれたんですね。
もうすぐ一周忌を迎えるカナたんは、
とっても元気だったけど7年と4ヵ月の生涯を突然閉じました。

わたしも全て捨てなさいって友人に強く奨められて、
キャリーとか思い出の品を一部処分しました。
でもやっぱり違うなと最近思い始めました。
いまは後にお迎えした兎菜にも使わせたりしてます。
きっと戻ってきた時に仲良く過ごせてると思います。
| 2011-04-25 13:04
お話してくれてありがとう。
うまく言えないけど 心に響きました。
ゆめはな | 2011-04-25 11:12 [編集]
はじめまして

初めて拝見させて頂いたブログが ぴろりんちゃんのお話

涙が出ました
ぴろりんちゃんも飼い主さんも すごく 幸せな時間を過ごしたのが
伝わってきました
感動

応援してます
うー | 2011-04-25 02:38
私は命日もなにもしないし 普段もお水を供えるくらいです。
使っていた食器は人間が使っちゃってますi-229
ひとそれぞれだから いいかなと思って。。

生後3ヶ月頃のぴろちゃんって初めて見たような…
やっぱり最初って少し毛色が違うんですね。
この頃ってほっぺもぷくぷくじゃないし
なんだか痩せてる感じですね。
ゆーしゃんさん達やちらちゃんと生活するうちに
表情とかも変わってきたのかな~と思います。

きっとちらちゃん 会いに来てくれていたと思います。
うさずきん | 2011-04-25 01:55

TRACKBACK


TRACKBACK URL

広告

さらな

さらにゃん

2007年6月9日生まれ。
おんなのこ。

オトナの貫禄たっぷりのお姫様。
わらハウスの上からじっとヒトを観察するのが趣味。
でもたまに足を滑らせて慌てまくり…。
ブラックな毛艶がピカピカなレディです。

あーぷる

あーたろ

2013年7月27日生まれ。
おとこのこ。

ボーっとしてるけど…
動きはドガ☆シャガ\ズベー!/
トロいんだか速いんだかわからない子♪
今日もドタバタ突進中☆

ぴろりん

ぴろのすけ

1997年12月5日生まれ。
2007年4月25日虹の橋にお引越し。
おとこのこ。

何でもアリのうちゃぎ・ぴろりんです。
赤ちゃん時代から下半身マヒに始まり、両手不全マヒ、時々ひきつけ、膀胱砂状結石、精巣悪性腫瘍、歯根膿瘍…
でものんびり元気~。

ちらりん

ちらぼっくる

1998年5月ごろ生まれ。
2006年1月12日虹の橋にお引越し。
おんなのこ。

気が小さくて、スネると後ろアンヨぷりんぷりんして隅っこに行っちゃうちらりんです。でもやさしくて、ぴろりんのお世話もしてくれる奥ちゃまうさぎ。
今でも時々、来ているようです…?

むーにょん

むーちき

2007年6月8日生まれ。
2012年3月25日虹の橋にお引越し。
おとこのこ。

まぁるいおチビちゃんです。
こうと思ったら一直線・・・。
もうまわりは見えてません。
短いアンヨでいつもふんばってます。

ふにちゅん

ふにふに

2012年6月1日生まれ。
2013年5月29日虹の橋にお引越し。
おとこのこ。

アイシャドウがいけめんなドワーフ・ホトのまっちろい子。
やんちゃをやんちゃで固めたやんちゃ坊主です。
元気ハツラツぅ~♪

ゆーしゃん

このブログの主。
うちゃぎに魅せられ十数年なり。
亀ちゃんも大好き(もちろん人間のね♪)

Ayaねぃ

ゆーしゃんの娘。「おねい」とも。
よくうちゃぎ達に殴られる。
Blogデザイン担当。

身内リンク

賛同リンク

ファー製品買いません!
ウサギの数え方
虹の橋