広告

クレンジング不要

検索フォーム

過去ログ

全記事リスト

ランキング

「虹の橋」も 「生まれ変わり」も きっと きっとあるよ!!

去年は 夏から秋にかけて 

たくさんのうさぎさんが 虹の橋に旅立ちましたね。

そのコたちにとって 今年は初めてのお盆。

みんな帰ってきたかな・・



っていうより、


私としては みんな 帰りたい時に帰ってきてるのではないかと思うのです。


「虹の橋」の物語は 動物と一緒に暮らしている方なら

ほとんどの方がご存知かと思います。


もしご存じない方がいらしたら どうか このブログの右サイドバー・

賛同リンクの「虹の橋」というところをお読みください。(短い物語です)



この「虹の橋」は天国の少し手前にあるそうです。

そして ここへきた動物は 他のコたちと一緒に楽しく遊んで過ごしているのです。

みんなのお世話をしてくれる人?もちゃんといるそうですよ。


そして 生きていた時一緒に暮らしていた人がここに来たら

共に手を繋いで 一緒に天国に行くそうです。



この物語は 作者不詳で伝えられてきました。

とってもいいお話しですよね。


でも 本気でこれを信じる人は・・ほとんどいないでしょうね。



私は・・・・・・これを信じています。






2006年ちらりん(女の子)、2007年ぴろりん(男の子)が虹の橋にお引っ越ししました。

あの頃、 ちょっと変わった?文章をみつけました。


まるで 「虹の橋」そのもののような内容です。

ちょっと長いんです。笑

でも よかったら読んでみてください。

これは 2008年9月15日の記事「虹の橋は ほんとにある?」にも引用していますので、そちらからコピペしますね。


あ、その前に なんで今 またこの話を というと、

ちょうどお盆ということもあり たくさんの方が 

かつていつでも姿をみることのできた愛する動物を 

今は見ることができないと 悲しんでいらしゃるのではないかと思うからです。


そして もうひとつ、


私の妹のところのにゃんこ、ランちゃんが 今年の5月に虹の橋に旅立ちました。

そのコを可愛がっていたパパさんは 大変な悲しみようです。


だから そのパパさんにもぜひ 読んでいただきたい、


そう思ったから。



「/死後も生前のままの形体を維持するか杏かはその動物に対する飼主の愛一つにかかっているのです。もしも動物とその飼主----この飼主(Owner)という言葉は好きではありません。他の生命をわがものとして所有する(own)などということは許されないのですから----その両者が時を同じくして霊界へ来た場合、その飼主のところで暮らします。愛のある場所が住処(スミカ)となるわけです。/動物界に住むのは飼主より先に霊の世界へ来た動物にかぎられます。誰かに世話をしてもらわなくてはならないからです。さもないと/一時的にせよ〃不滅性〃の要素を吹き込んでくれた〃愛〃から切り離されて、動物といえども心を取り乱すことがあるのです。/その主人が来るまで動物界へ行ってそこで面倒をみてもらいます。それはちょうどあなた方が遠出をする時にペットを専門家に預けるのと同じで、霊界の動物の専門家に世話をしてもらうわけです」

「地上で可愛がられている動物、親しまれている動物、大切にされている動物、人間とほとんど同等に扱われて知性や思考力を刺戟された動物のすべてがおります。そうした動物は飼主の手から離れたことでさびしがったり迷ったりするといけないので、動物界に連れてこられて、他の動物といっしょに暮らしながら、動物の専門家の特別の看護を受けます」


「そして時には地上にいる飼主の家の雰囲気内まで連れてこられ、しばしその懐かしい雰囲気を味わいます。心霊知識のない人でも自分の飼っていた犬を見たとか猫が出たとか言ってさわぐのはそんな時のことです。何となくあの辺にいたような気がするといった程度にすぎないのですが、地上の動物の目にはちゃんと見えています。霊視能力が発達しているからです」

「その世話をしている人はどんな人たちだと思いますか。動物が大好きなのに飼うチャンスがなかった人たちです。それはちょうど子供が出来なくて母性本能が満たされなかった女性が、両親に先立って霊界へ来た子供の世話をするのといっしょです。犬とか猫、その他、人間が可愛がっている動物が飼主に先立ってこちらへ来ると、動物が大好きでありながら存分に動物との触れ合いがもてなかった人間によって世話をされるのです。もちろん獣医のような動物の専門家がちゃんと控えております。それもやはり地上で勉強したことがそのまま霊界で役に立っているわけです。知識は何一つ無駄にはされません」


心霊学研究所
『シルバー・バーチの霊訓(5)』を読む
動物は死後どうなるのか




あと ちょっと「虹の橋」とは矛盾してしまうかもしれないけど、

「生まれ変わり」というものも あるんじゃないかと思うんです。

というのも むーにょん・さらながうちへきてくれることになったとき、

ものすごい偶然の重なりが続いたのです。

ほんとに なんで?  っていうほど 偶然、偶然、偶然の連続だったんです。

その中のひとつが欠けても ふたりがそろってうちへきてくれることはなかったと思います。

もし 生まれ変わった場合、容姿はもちろん、性格も違うと思います。

でも、「魂の核」?みたいなものは同じなのではないでしょうか。


信じる 信じないはすべて自由。

不思議なことは世の中にいっぱい 起こっています。

良いことは信じた方が いい、

そう思いませんか?







 天使うさぎ           
ぴろりん・ちらりん ほのぼの劇場

出演 ぴろりん   
      ちらりん


むっふ~ん♪

ねぇ~ ぴろちゃん。
あたちってぇ・・  可愛いかちら?




ぬっ

   ?!




ぢぃろぢぃろ

。。。。。。。。。。。。。。。。 




ぽぇあー

        




なにっ

ねたフリしないで 正直に言ってよねっ




むんっ

ねっ   ねっ     どぅお~

うしろのレンジパックは気にしないでね(´`)


ぼよん

えっと~  えっと~~  
ちらちゃん  カワイイでしゅ~~




ぽふん♪

うれちぃ 
う、 うん      ぶぉっ ほん










もう一組 お付き合いくださいね~^^

今度は現役組み むーにょんとさらなで~す^^


             



タイトルほっぺ ツルツル~





うふうふー♪

ねぇ むーちゃん   い・つ・も・の ッ 

 う~~??




うふー♪

ハイッ!    ほっぺペロペロねっ 

ん~~ 





うふふうふふー♪

ハイッ   今度はコッチね~ 

ぬぬ~~ 




んー?

あ~ すっきりした~
これで お肌はピッカピカ
 






むに──

あれ~~ さらちゃ~ん 
おいらのはやってくんないのぉ?







およっ

まったくっ さらちゃんてばっ
おいらには いつもやってくんないんだからっ




まぁまぁまぁ・・今度さらちゃんに頼んであげるから (^_^;)





長い記事 読んでくださってありがとう^^
自己満足かもしれないけど、
それでも 少しでも誰かの悲しみを少なくできれば と思います。

コメント待ってるよん。
応援もありがとう~




「ゆーしゃんストリート」私の別ブログ・・
覗いていってくださいませ~



       天使うちゃぎ
ちらりん        ぴろりん

見えなくても 存在するものって いっぱいあるわよねっ!
うん、あるあるっ!


うさばなー
にほんブログ村 うさぎブログへ
クリック♪
ランキング参加中!
クリックしてね♪

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村 うさぎブログへ
うちゃぎ日記 | comments:(26) | trackbacks:(0) | TOP▲

COMMENT

虹の橋
初めて知りました『虹の橋』。
でも、きっとあると思います。実家で、一緒に暮らしていて、まだ、物心つく前に逝ってしまったジョンや、昨年、姉の結婚を見届けるように、逝ったゆうた、今頃、虹の橋で、幸せにしてるかな?
いつか、祖母も父も母も姉も自分も、虹の橋に行くと思うけど、そんときは、みんなで、また、仲良く暮らそうね。
葵 | 2011-09-20 01:16
ちゃいさんへ
ねっ、あるんだよね、虹の橋。
見たことはないし、(今世ではね)
今度見るのは もう少し先のことだろうけど。笑
うん、ほんと 救われるんだよね。
霊訓を読んだ時 ほんとそう思った。
あぁ、存在するんだって。

ほのぼの、ぶっとんでるって?
そうかなぁ?
それほどには感じないんだけど。笑
ポチ、あんがちょっ!
ゆーしゃん | 2011-08-27 08:45 [編集]
さとぞうさんへ
はじめまして^^
読んでくださってありがとうございます。

わたしにも さとぞうさんとよく似た体験があります。
ちらりんが 旅だったあと、私はあるビジョンを見たのです。
それは ちらりんの笑顔でした。
動物が笑うってオカシイと思いますか?
でも 魂はその気持をカタチにしてあらわしてくれるものだと思うのです。
そのあと、ちらりんは ピョンピョンと跳ねていったようです。
夢? というより もっとはっきりしたものでした。
半分起きていたような気がします。
わたしはこの笑顔に救われました。
いろいろ できなかったことがあるのに ちらりんは満足していってくれたのかな?と。
ぴろりん、ちらりんに関しては 不思議な経験がたくさんあります。
それは 多分、むーにょんとさらなに受け継がれているのではないかと、私は思っているのですよ^^
ゆーしゃん | 2011-08-27 08:39 [編集]
twngmg2さんへ
はじめまして^^
ご訪問&コメント、ありがとうございます。

ほんとにあるといいですね、虹の橋、
いえ 私は信じているのですが・・・・
なんせ、こちらからは見えない世界の事・・
生まれかわりも 確たる証拠はないし。
でも 信じていれば奇跡は起きる!
そう思いながら 日々生きています。
動物の方が ヒトより偉い!
それは確かです。笑

また きっといらしてくださいね^^
ゆーしゃん | 2011-08-27 08:24 [編集]
うさずきんさんへ
そうですね。
今の私の近くにも ぼへ~ っとしたうさぎさんがいます^^
警戒心が強くて あまり触らせてくれないうさぎさんも・・

同じです、ぴろりん、ちらりんと^^

そう考えると ほんとにこの世界って不思議~~
ほんとは すべてがうまくいっている、
ただ それに気がつかない人間。
鈍いのは 人間だけなのかも、ね^^
ゆーしゃん | 2011-08-27 07:54 [編集]
かじぺたさんへ
昔、三輪様の本で「?」と思ったことがあります。
あの人は 自分で天草四郎の生まれかわりと言ってますよね。
なのに 守護霊のような存在の天草四郎と対話している場面。
生まれかわりじゃないの? って
その時は思いました。

でも 後になって こういうことなのかなって・・
魂って 分離する・・笑
いや、こういう言葉は適切ではないかもしれないけど、
でもこの世の言葉では置き換えられないナニかがあると思うんですよ。

だから かじぺたさんのお父様も たとえ生まれ変わっていらしても 
かじぺたさんを守る存在としてのお父様も同時に存在する・・
そういうことなのでは?

時間や空間は認識としてはあるけれど、形としてはないに等しい。
そういうものの「カタチ、あるいは姿」って想像できませんよね~。
ゆーしゃん | 2011-08-27 07:47 [編集]
しぇりーとぱーず* さんへ
はじめまして^^
ご訪問ありがとうございます。

見えないチカラに導かれること・・・・
そう、そんな感じでした、むーにょんとさらなとの出会いは。
次々に いろんなことが偶然にクリアされて それが日にち単位で、あるいは時間単位で過ぎていったのです。
結果、むーにょんとさらなが 今ここにいます^^

この世は3次元の世界、
でも他の次元からの助けが いつも私達に降り注いでいるのかもしれませんね^^。
ゆーしゃん | 2011-08-27 07:34 [編集]
まる◎まるまるさんへ
信じることは偉大です。笑
見えないナニか、ほんとにたくさんあると思うのです。
また それを興すというか、作るチカラもヒトにはあると思います。
もちろん動物にも。

動物は ヒトを助ける為に 愛する為にやってくるのだと感じています。
ヒトの方が 動物に選ばれているのかも^^
そして それを知っている動物、
多くのヒトはそれを知らない・・
だから なんとかコミュニケーションを取りたいんです、動物と。
ヒトも動物も 永遠に魂のグループになって生まれ変わりを繰り返す、
いろんな書物にこのようなことが書かれています。
ほんとにそうだといいですね^^
ゆーしゃん | 2011-08-27 07:22 [編集]
なっちゃんさんへ
虹の橋の作者は きっと このシルバーバーチの霊訓を読んだのだと思います。
シルバーバーチって 霊の世界の大御所?みたいな存在で 
スピリチュアルな世界を勉強する人はみんな知っているようです。
もちろん、私には何がほんとうなのか 作り事なのかわかりません。
でも 嘘だ という証拠もないし、
なら 信じたほうがよっぽどいい、
そう思うんです。

生まれ変わりは うさぎに13年余り接してきたことからの推測です。
実際、ぴろりんとむーにょんって、写真を見てもなんだか表情が似ていませんか。
お顔自体はまるで違うんですよ。笑

ぴろりん・ちらりんのほのぼの劇場、ほんとはもっとやりたいのですが、過去の写真には限りがあって どうしても二番煎じ、三番煎じになってしまって・・・・
でも 最近は新しいお友達も増えてきました。
だから またできれば ちょくちょく登場させようと思ってはいるのです^^
ゆーしゃん | 2011-08-27 07:05 [編集]
refugemamaさんへ
はじめまして^^
コメントを残してくださってありがとうございます。
人間の子供も 親を選んで生まれてくるといいます。
動物もきっとそうなんでしょうね。
そして 役目が終わると空に帰っていく。
もしくは 今のカラダが古くなったり、使い物にならなくなったら いったん お空に帰って 
改めて新しいカラダでやってくるのかもしれない。

ヒトにはわからないことがいっぱい。
動物の方が 何でも知っているのかもしれませんね^^
ゆーしゃん | 2011-08-27 06:26 [編集]
サスたんの飼い主さんへ
実際、シルバーバーチの霊訓を読んだ時には
びっくりしましたよ。
やっぱり 虹の橋って 本物なのかもしれない、
お伽話じゃないのかもしれないって。
それに うさぎだんちさんとの関わり合いとか
むーにょんの生まれた時の写真とか、
さらなが 東京に迎えに行く前日にちらりんのような行為をしたこととか・・他のコを舐めてあげたんだよ。
それ以降 そんなことぜんっぜんしないのに。

でも 体験しなければ信じないのが人間。
私はいろいろ体験したから 信じる事ができるけど、
体験してない人にはなかなかわからないだろうね~。

サスたん、ほんとのココロはどうなのか 
わかるといいね。
でも 飼い主さんのこと 好きだからやってきてくれたんだと思うよ。
じゃなきゃ 他のヒトのコになってたはずだもの。
ゆーしゃん | 2011-08-27 06:10 [編集]
ゆずなべさんへ
自分が生まれてきたこと自体、偶然の出来事かもしれない。
それを考えると気が遠くなりそうです。笑
宇宙には見えるモノの方が少ないということ、
時間という概念、過去、未来・・・・
何を考えても不思議だらけ。
世界は 不思議で成り立っています^^
ゆーしゃん | 2011-08-27 05:39 [編集]
まゆらさんへ
スキッピーちゃんと同じ定位置へ・・・・
それだけで十分不思議ですよね。
他にもいろんな場所があるのにね^^

虹の橋に原文があるということ、それをみつけたことで 私はほんとに救われました。
いいことは何でも信じていきたいね^^
ゆーしゃん | 2011-08-27 05:34 [編集]
「うん、あるあるっ!」^^

私もはじめて「虹の橋」を読んだ時、救われました。

「ほのぼの劇場」。
相変わらずの(セリフの)ぶっとびぶりに、ほのぼの~&にまにま~v-398
元気出たよっ。ぽち。
ちゃい | 2011-08-26 12:25
はじめまして!
私も、虹の橋はあると思います。
そこには動物全てが争いなく存在してくれていると
以前、猫を飼っていました。
でも、亡くなる時、ちゃんと夢にでてきてくれました。
雲の上で、そこにはその猫の子供達がいて・・
夢の中で私に幸せをくれたんです。
その夢をわすれたことはありません。
誰に話しても信じてはもらえないだろけれど
私にむけてのメッセージだったと私は思っています。
ありがとう。。
また思い出させてくれました。
さとぞう | 2011-08-26 10:00
はじめまして!
足跡から、お邪魔させていただきました!

とても感動する話・・に思わず
コメントさせて頂きます!

心が暖かくなるというか
胸が熱くなりました!

虹の橋で再会できるだなんて
ほんとに心が和みます

いい話、ありがとうございました!!
また、お邪魔させて頂きます
twngmg2 | 2011-08-25 11:23
ぽへ~っと幸せそうなぴろちゃんのお顔を見ると
なんだかこっちまでぽへ~っと幸せな気分になりますi-228
きっとどこかで生まれ変わって ぽへ~っとしてるんじゃないかと…
もしかしたらゆーしゃんさんのすぐ近くにいたりして。。

私も虹の橋や生まれ変わりはきっとあると信じています。
うさずきん | 2011-08-25 02:30
こんばんは(^-^*)
そうですね~~私もいつも考えてるんですよ・・・
父が見てるかもしれないな~って思ったり
見守ってくれれると嬉しいなあ~って思ったり・・・

でも、その反面早く生まれ変わっていて欲しいとも思う。
父はすごく良い人だったから
きっと早く生まれ変わってると思う。
でも、そうしたら父は私の父では無くて
他の誰かになってるという事で
見守ってくれてないのかな・・・って思うのも寂しい。

だから、やっぱり私も両方信じちゃうなあ~~
虹の橋でみんなと逢えると良いなあ~~!!!
かじぺた | 2011-08-25 00:40
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011-08-24 22:58
はじめまして。
訪問履歴からお邪魔しました。

愛する家族を見送られた方のブログを拝見した後でしたので、見えない力に導かれたようで驚きました。

虹の橋と生まれ変わり、私も信じています。
しぇりーとぱーず* | 2011-08-23 21:40
生まれ変わりって私もあると信じてるひとりです。
外ネコだったコを見送った翌年。
まったく同じ色のチビっこを姉が拾ってきたことにとても運命を感じました。
ちょうどそのコが旅立って一年後。
今では17歳になるご長寿さんで元気でいますが、
やはり生まれ変わりと信じています。
さらちゃんもむーちゃんもきっと同じですね。

偶然という言葉で片付けられないなにかってあります。
誰に信じてもらうかより自分が信じることが大事だと思ってます。
まる◎まるまる | 2011-08-23 17:31 [編集]
虹の橋は私も他の方のブログから知りました。
死後の世界のことはわかりませんが、これを読んだとき、
愛するペットと別れてしまった方は救われると思いました。
そうあって欲しいです。
「でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、
遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。
突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめ
ます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。」
本当にこうして愛する子が飛んできてくれるのなら……

私たちもウサギも元気で寿命をまっとうするなら
どうしてもウサギの方が先に旅立つわけで…
でも、一緒に行くことはできません。 
だから、待っていてくれるのなら…と思います。
人間の勝手かもしれませんが、この子たちも喜んで待っていてくれると信じたいです。

ちらりん、ぴろりんの「ほのぼの劇場」 
面白い! カワイイ! 楽しい! ゆーしゃんさん、さすがです!!
なっちゃん | 2011-08-20 00:45
はじめまして
足跡からお邪魔しました。

「虹の橋」のお話・・・実は知らなかったのです。。。
皆さんのブログで「虹の橋を渡りました」と
書かれているのはよく目にしていたのですが・・・

読んでいて涙が溢れて来ました・・・
偶然?必然のようにご訪問頂いて
ありがとうございました♪

私は虹の橋を信じます★

うさぎちゃん達可愛いですね♪
refugemama | 2011-08-19 21:08
絶対にいつかやってくるその時のことを考えるのは辛いです。
あるいは既に亡くしてしまわれて、
ずっと悲しみの淵に沈んでおられる飼い主さんがいれば
このお話は少しでも心が楽になれると思います。

ぴろちゃんとちらちゃんは誰にお世話されているのかな?
それともむーちゃんとさらちゃんの核になって生まれ変わってきているのかな?
すべての飼い主さんが感じられたらいいのにね。
亡くなった子がいつもそばにいると感じられたら、
大きな悲しみに押しつぶされることもないだろうにと思います。
みんなが信じられたらいいね。

私ももちろん信じてるけど・・・
うちのサスぴょんはクールだから虹の橋で再会しても
「んもう!」とか何とか言って逃げそうだからちょっと寂しい。(;∀;)
ウサのすけの飼い主 | 2011-08-19 17:20
私はうさちゃんが大好きです。
むいぐるみもたくさん持っているほどです。

目に見えない力とか世界があることについては、私も同感です。
この世はすべてが偶然ではなく、運命なのだということも理解できます。
生命の誕生自体神秘に包まれているんですもの。
人間が不思議だと思うことが起こるのは当然のことだと思います。
ゆずなべ | 2011-08-17 23:43
今年はスキッピィの初盆でした。
今まで不思議なことは何一つなかったけど、
ブルが実家でスキッピィの定位置に行くようになり
色々考えてしまいます。

虹の橋と生まれ変わり、私も信じていますよ~
まゆら | 2011-08-17 13:11 [編集]

TRACKBACK


TRACKBACK URL

広告

さらな

さらにゃん

2007年6月9日生まれ。
おんなのこ。

オトナの貫禄たっぷりのお姫様。
わらハウスの上からじっとヒトを観察するのが趣味。
でもたまに足を滑らせて慌てまくり…。
ブラックな毛艶がピカピカなレディです。

あーぷる

あーたろ

2013年7月27日生まれ。
おとこのこ。

ボーっとしてるけど…
動きはドガ☆シャガ\ズベー!/
トロいんだか速いんだかわからない子♪
今日もドタバタ突進中☆

ぴろりん

ぴろのすけ

1997年12月5日生まれ。
2007年4月25日虹の橋にお引越し。
おとこのこ。

何でもアリのうちゃぎ・ぴろりんです。
赤ちゃん時代から下半身マヒに始まり、両手不全マヒ、時々ひきつけ、膀胱砂状結石、精巣悪性腫瘍、歯根膿瘍…
でものんびり元気~。

ちらりん

ちらぼっくる

1998年5月ごろ生まれ。
2006年1月12日虹の橋にお引越し。
おんなのこ。

気が小さくて、スネると後ろアンヨぷりんぷりんして隅っこに行っちゃうちらりんです。でもやさしくて、ぴろりんのお世話もしてくれる奥ちゃまうさぎ。
今でも時々、来ているようです…?

むーにょん

むーちき

2007年6月8日生まれ。
2012年3月25日虹の橋にお引越し。
おとこのこ。

まぁるいおチビちゃんです。
こうと思ったら一直線・・・。
もうまわりは見えてません。
短いアンヨでいつもふんばってます。

ふにちゅん

ふにふに

2012年6月1日生まれ。
2013年5月29日虹の橋にお引越し。
おとこのこ。

アイシャドウがいけめんなドワーフ・ホトのまっちろい子。
やんちゃをやんちゃで固めたやんちゃ坊主です。
元気ハツラツぅ~♪

ゆーしゃん

このブログの主。
うちゃぎに魅せられ十数年なり。
亀ちゃんも大好き(もちろん人間のね♪)

Ayaねぃ

ゆーしゃんの娘。「おねい」とも。
よくうちゃぎ達に殴られる。
Blogデザイン担当。

身内リンク

賛同リンク

ファー製品買いません!
ウサギの数え方
虹の橋